整体子育て講座+++母と子の活元会

講師:曽我部ゆかり

公益社団法人整体協会認許活元コンサルタント/一般社団法人ドゥーラ協会認定産後ドゥーラ/特定非営利活動法人遊びと創造協会認定おもちゃコンサルタント/フリーライター
☆7月の予定

7月11日(土)

母と子の活元会

10時開場
10時30分〜12時
参加費 1500円 
小学生500円    未就学児 無料
定員 4組
完全予約制 shanti_birthday@icloud.com

7月14日(火)  ☆開催中止☆

整体子育て講座

10時開場
10時30分〜12時
参加費 2000円
小学生500円   未就学児 無料
定員 4組
完全予約制  shanti_birthday@icloud.com

☆講座内容は、スクロールしてください。
↓↓↓↓↓
◉整体子育て講座 毎月第2火曜日10:00〜
◉母と子の活元会 毎月第1土曜日10:00〜
(日時情報は随時更新)

◉講師メッセージ◉


息子が2歳の時のこと。子育ての緊張で力んでいた私の肩に手を当ててくました。
小さな手って湿り気があって温もりがあってとっても気持ちいい。
まさに癒しの手です。
私の会では、活元運動も愉気も母と子で一体となり愉しんでもらっています。
この会に参加している子どもたちは見よう見まねで、一緒に邪気を吐き活元運動をして、お母さんに手を当てています。
そんな姿にはいつも私の方が癒されています。妊婦さんのご参加も歓迎です。

☆整体子育て講座☆

 〜愉気で育む心と身体〜


子育てのシーンに、愉気があれば、親子のコミュニケーションが愉しくなります。愉気は見返りを期待しない愛情です。
かつて野口晴哉先生はお母さんのために愉気法講座を開いてくださいました。
私も30年に亘り身につけてきた愉気法を伝授していきたいと思います。
それは愉気が母と子の絆と健やかな身体を育むと実感し実践してきたからです。
愉気の実習ではみなで集中して気を高め、実際に相手のカラダに手を当てていきます。「気を通す」ことを手と背骨の感覚でつかんでくださいね。 
会の初めに、みなで活元運動の準備運動を行い、脊髄行気をして、気の感応を体感して、心も体も弾力を取り戻します。
活元も愉気もひとつらなりの心身の柔軟法。皆様のご参加をお待ちしています。

◉講座内容

part 1 偏りを調整する

活元運動の準備運動の実習

part 2 感覚を育てる

行気で自分の身体を整える
相手の身体に気を通す(愉気)

part 3 愉気による手当てを学ぶ

緊張の緩めかた
(頭・首・腹部・上肢・下肢)
症状の経過のしかた

part 4 観察を高める

背骨を数える
調律点に触れる

◉開催日
2020年 毎月火曜日の午前中 日は未定

◉開催時間
10時開場
10時30分〜12時30分

◉会費2,000円

◉6名限定企画
集中を要する講座のため、お子様は歩き始める前の赤ちゃんと、講座に一緒に参加できるお子様の参加のみOKとさせていただきます。

◉お申込み
shanti_birthday@icloud.com

☆母と子の活元会☆


活元運動は、世界でたった一つの(たぶん)無意識の運動です。専門的には、錐体外路系の運動…で、平たく言えば寝相に代表される身体活動で、身体の偏りを調整しようとする働きを高める運動です。そして、活元運動が目指すのは弾力のある身体。赤ちゃんがお手本です。
しかしながら、活元運動は「動く禅」とも呼ばれています。動きの中にある静けさを感じ取ることで、深いリラクゼーションを味わえます。
終了後には、畳の上にごろんと寝転び、身体活動を鎮めます。赤ちゃんたちも、静かになる、不思議な時間です。

◉講座内容
①活元運動・心と体の弾力を取り戻すために。
呼吸法を使った3つの準備体操を念入りに行います。あとは体の自然な要求に身をまかせるだけです。

②効果抜群赤ちゃん体操・穏やかな育児のために。
寝かしつけ、排泄、緊張を緩める、など。

◉開催日
2020年 毎月1回土日の午前中 日は未定

◉開催時間
10時開場
10時30分〜12時30分

◉会費1,500円

◉6組限定企画
集中を要する講座のため、お子様は歩き始める前の赤ちゃんと、講座に一緒に参加できるお子様の参加のみOKとさせていただきます。

◉お申込み
shanti_birthday@icloud.com

☆ランチタイム

終了後には、ほびっと村2階のオーガニックレストラン「バルタザール」でランチをご一緒しています。

7月からの再開にあたり、
曽我部ゆかりが開催する講座の感染症対策について。2020.6.16


私たちは、社会的生き物であるので、社会のルールに従うのはいたしかないことでもあるし、無闇に抵抗しても、ただの空振りになることもあります。
私も、政府が発令した緊急事態宣言中は、ほとんどの日を家にいるようつとめていました。
新型コロナウイルスについては、情報に振り回されることなく、普通に、普通に病気を予防するような対策を、過剰に恐れるのではなく、普通に。
その普通が、過剰な報道と、茶番とも思える政府の方針に、平衡を保てなくなっています。
そのことを心底危惧しています。

皆さまもぜひ、野口晴哉著『風邪の効用』をお読みください。
今の時代の価値観とは正反対の価値観かもしれません。

でも、ここに書かれていることを皆さまにも知っていただき、上手に風邪を経過させて、生を全うする、ことを目指していただきたい。
空間に除菌スプレーをまくような愚かな行為…。
ウイルスがいるかいないかもわからない空間に向かう人類の浅知恵に失笑するしかありません。
もしも、それが効果あるなら、(ただの気休めだと思うけど)良い菌もみんなやっつけてしまうわけですよね?
私は家で味噌も酵母も梅干しも、つけてるから…
オリゼーたちは可愛い仲間💕

手指にいる常在菌も同じこと。

菌を殺すのではなく、共生する発想に切り替えなくちゃ、人類はますます脆弱になってしまう…。
注 ウイルスと菌は別物ですが。
私は日々溌剌と生きるために、講座を開催しています。
もういい加減に気づかなくちゃ、と思っています。
私の講座に参加される方には、以下についてをお願いいたします。

①新型コロナウイルスは無症状の人からも感染する、ということをご心配されているようでしたら、どうか、ご参加は見合わせてください。

②空間除菌スプレーをまくことを希望される方もご参加は見合わせてください。

③病気は、闘う対象ではなく、病気にも意味がある。とお考えくださる方は、ご参加ください。

④ただし、持病のある方につきましては、ご自身の責任において、ご判断ください。

⑤産後間もない(産褥期)母と子につきましても、ご参加は見合わせてください。これはコロナに限ったことではありません。赤ちゃんの安定のために、刺激を避ける目的です。

⑥風邪を自分で経過できるようになりたい方は大歓迎です。

⑥命ある限り、溌剌と日々を生きたいと思われる方。ともに、歩んで参りましょう。